スピッツ研究所

コスモス

あまりメジャーではない曲ですが、とてもいい曲です。

この曲は前に書いた3曲に比べて、ずいぶん後に聞いた曲です。

「ささやく光浴びて立つ 君をみた秋の日」という歌詞から、別れの場面が想像できます。

この曲はいつも一緒だった2人に、彼女が突然別れを告げた秋の日の場面を最も想像しやすくするために、きれいなコスモスを使ったのだと思います。

コスモスという花を使うことで、別れを告げた時間帯も推測できるのでは、ないでしょうか。

スピッツの曲は、一つの曲でいろいろな解釈ができるので、みなさんも解釈してみてください。
 
流れ星に雰囲気がにていて、とてもたそがれますので是非お聞きください!

流れ星

この曲はゆっくりとした曲ですごいたそがれます。

PVを見た人もいるとおもいますが、PVでもゆっくりした感じです。

僕は、「君の心の中に住む ムカデに噛み付かれた日 干からびかけていた僕の 明日が見えたきがした」って部分が好きです!

この歌詞は、いつも一人ぼっちだった自分に運命の人が現れて希望が見えてきたことを、ひねりをかけて歌詞にしたんだと、僕は思います。

「運命の人」と同じく、この曲も落ち込んでいるときなどに聴くと、元気付けられると思います。

僕が、この曲を聴く時間帯は夕方から朝までの間です。

午前中に仕事や学校などで、働いた帰りにこの曲を「やっと1日も終わったな〜」と思いながら、聴いていると疲れが自然にとれていくと思います。

スピッツの曲を聴いていると、昔を思い出したり穏やかな気持ちになります。

曲も「流れ星」のようにゆったりしているので、曲名とも合っていると思います。

流れ星はこちらで無料試聴できます。


流れ星





運命の人

猫になりたいに続き、この曲も恋の歌ですね^^

曲名のとおりこの曲は、運命の人について歌った曲だと僕は思います。

サビの部分に入るまでは、恋人と過ごした日々のことを順々に重ねています。

みなさんは運命の人のPVを見たことがありますか?

この曲の良さを上手くだしています。

PVといえば、僕はライブ映像よりその曲にあったストーリーを作ったPVの方が好きです。

このPVを見たことのない人は、ぜひ見てみて下さい!
期待に答えてくれると思います^^

そういえばこの曲は、イントロもいいですね。

曲にもあってますし明るい感じです!

最近になってこの曲を聴いていると、初めてこの曲を聴いた日を思い出します。

自分を元気づけるのにもいいと思います。

する気はなくてもやってしまったヘマなど・・・

以外な事実を知らされて落ちこんでるとき・・・

僕もそういうことにでくわした時は、いつも聞いています^^

スピッツの曲は、自分を元気づけてくれる曲が多いので皆さんもどんどん聴いてみて下さい。

猫になりたい

この曲を聴いていると、とても癒されます。

僕は、こういう静かであたたかい曲は車や電車・バスなど、どこかへ行くときに移り行く景色を見ながら聴くのが好きです。

曲名にも使われてますが、サビの部分の「猫になりたい」という歌詞は、猫はいつも自由だから君といつまでも一緒にいれる・・・ ことからこの曲は、君といつまでも一緒にいたいという気持ちを、猫に置き換えた歌だと僕は思います。

この曲は何回聴いてもいいです。 だから、この曲を聴いたことがある人もない人ももう一度聴いてみてください。

スピッツの曲は、恋の歌が多いです。

もちろんこの曲も恋のうたで、聴けば聴くほどイメージがわいてくるので、毎日この曲を聴いています。

マサムネの歌い方でとても心がやすらぐのでマサムネが歌うからこそ、この曲にとても暖かみを感じるのでしょう。

スピッツの曲は、聴いていると昔を思いだすような曲が多いので、僕はスピッツが好きです。 



崎山龍男

ドラマーとしての実力は素晴らしく、個性的な演奏も多数見られる。

犬が好きで、家で犬を一匹飼っている。
動物ってかわいいですよね^^ 僕も好きです。

高校時代から阪神タイガースの大ファンである。

既婚者であり一児の父。

弟も一人いる。

中・高と剣道部に所属。

高校のときには県大会の個人戦でベスト4の成績を残す腕前。

現在は、草野球チームに所属している。

動物好きで、犬だけでなくウサギも飼っている。

犬はゴールデンレトリバーの「キナコ」、ウサギは「モナコ」と名前をつけている。

他のメンバーと出逢った頃は、今では想像もつかないほど見た目が怖かったらしい。

ハードロック系のバンドに、入っていたこともあったからか皮ジャンを着て、金髪で髪を立てていたとか。 かっこいいですね^^

しかし、文化服装学院の学生だったので、当時はその格好でミシンを踏み、子供用のワンピースなどを縫っていた。
想像すると、ちょっと笑えますね(^_^;)

崎山さんの食べ物の好みは分かりませんが、シュークリームが嫌いならしい。(メンバー談)

今のところ、彼が作曲を手がけた曲はなく、ギターを練習しているといっていたが、その後はギターの事については話していないらしい・・・

田村明浩

既婚者であり、2児の父である。
                      
家族の話をするのが許されるのはスピッツのメンバー内で彼のみであると言うのが暗黙の了解。

妻は元福岡FMのDJ。アルバム「インディゴ地平線」の「ナナへの気持ち」の間奏で草野マサムネと話している声を早送りものが入っている。

6歳年上の姉がいる。

競馬のようなギャンブルやサッカーなどのスポーツ観戦が好きである。

静岡県出身なのでお茶を好んでよく飲んでいる。

カレーが大好物で、メンバーにもよくネタにされている。

食べるスピードもかなり早いらしい。

彼がライブで見せる激しい動きは「田村ダンス」と呼ばれている。

連続で跳びまくったり、マイクスタンドを蹴り倒したり、シンバルを殴ったり、ベースを放りなげたり、最速ダンスの域を越えている感もある。

ライブ中にベースのストラップが外れてもお構いなしに暴れるためにスタッフも体をはって彼をよく止め直している。

ライブ中にズボンのチャックを閉め忘れていても、気にせずにライブを続けていることもよくあるらしい。

ライブ中に口をとがらせる癖がある。

過激なパフォーマンスとは打って変わって、口調はおっとりしてる。

普通にお喋りするのは好きだが、インタビューなどはあまり得意ではないらしい。

「インディゴ地平線」収録曲「ほうき星」や「ハヤブサ」収録曲「俺の赤い星」の作曲を手がけた。

集中力を高めるために、ライブ前にバナナ2本食べ、ユンケルを2本飲むらしく、MOTORWORKS(田村所属の日本のライブ)のライブではMC中にバナナを食べ、観衆から「バナナコール」がかかったこともあるらしい。

ギターソロに対する美学や情熱はかなりのもので、MOTORWORKSではギターソロディレクターと呼ばれている。

スピッツのメンバーである崎山龍男と出会ったころ、その外見(金髪逆毛)にびびって、しばらく「崎山さん」と敬称をつけて呼んでいた。
そんな過去があったなんて!つて感じですね^^;

デビュー初期は名前の表記が「田村アキヒロ」だった。

三輪テツヤ

                
既婚で、一児の父である。

幼少時代は転校を繰り返していた。

中学時代はバレーボール部に所属し、その関係で坊主だったらし     い。

藤枝明誠高等学校では周りからの推薦があって、生徒会長をつとめ    た。

分化服装学院卒業。
    
学生時代は大久保のビデオ屋でバイトをしていたが、月収4、5万
という赤貧生活を送るうち栄養失調で倒れたため入院。

風邪の菌に勝てず髄膜炎にかかるが、その後無事に回復。

ベースの田村明浩と幼なじみ。 
  
双子の姉がいる。

毎年変わる個性的な髪型とサングラスがトレードマークである。

失礼ながら、少し怖い。

地味な3人に比べ一人だけ派手なので、浮いてる感がある。

なのでHEY!HEY!HEY!など、歌番組ネタにされている。

不思議なキャラクターの持ち主でムードメーカーである反面、
繊細で優しいとか・・・

子供が好きでバンドをやっていなかったら、保育士になりたかった
らしい。

ツッコミづらい意味不明なボケをよくする。

若い頃、彼が酔って物を壊し始めたので、正気に戻ってもらおうと
メンバー全員で朝まで彼を殴ったり投げ飛ばしたりしたことがあっ    た。

その出来事があった翌日はリハーサルにはいかず、ブルーになりながら中央公園で一人でブランコに乗っていたらしい。   

アルバム「スピッツ」収録曲「月へ帰る」など、いくつか作曲もし    ている。

作曲の際は本名である「三輪徹也」を用いる。

ロビンソンがヒットする前は、家が離れているのに田村明浩に車で    迎えにもらっていた。 

その頃の田村の助手席は、三輪専用だったらしい。

    

草野正宗


1967年、福岡県福岡市早良区で生まれた。

1974年、福岡市立立原北小学校に入学。

1980年、福岡市立立原北中学校に入学。
 

中学一年生の時に母のガットギターを弾いたのをきっかけに
音楽に興味をもった。

その後、市内の楽器店でギターの基礎を学んだ。

以後は、全て独学。

1983年、福岡県立城南高等学校に入学した。

歌手の椎名純平やKANもこの高校の出身であった。

高校一年の時に「ラディッシュ」を結成した。

その後、ギタリストとしての経験を積んだ後に、ボーカルに
転校した。

東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻領域(油絵)に進学。

一年間学んだ後、武蔵野美術大学に編入したため中退、東京造形大学
では音楽サークル「重音」に所属。

武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科
入学し、卒業した。

1987年、上京後に東京造形大学で同じクラスだった田村明浩と   
知り合い、そして「スピッツ」を結成した。

大学卒業の翌月にプロデビューした為に、卒業制作とレコーディング
が重なって大変だったそうだ。

現在もスピッツにおいてギタリスト、ボーカルとして活躍中である。

また、楽曲を提供したりするなど、幅広い音楽活動をしている。






    

スピッツの新曲

2007年4月18日にスピッツの新曲「ルキンフォー」が発売するらしいです!
   
どんな歌か気になります!「メモリーズ」のような激しい歌なのか、

「流れ星」や「猫になりたい」のような穏やかな歌なのか、それとも「チェリー」や「空も飛べるはず」のような激しいと穏やかの中間の歌なのか。 

僕は、やはり穏やかな歌がいいです。 歌のスピードのゆっくりとしているので、歌詞の意味がわかりやすいですしね!みなさんはどんな歌だと思いますか?

学校では丁度、新入生が入ってくる時期なので、これからのがんばりを歌にこめた「春の歌」のような歌かもしれませんね!

それとも受験勉強に時間を費やした受験生達が、将来へ羽ばたいていく風景を語った歌かもしれません。

スピッツの歌は、聞き手しだいでいろいろな意味のとらえかたができるので楽しいです。なぜか、スピッツの歌を聞けば元気がでてくるので、どんな歌が発売されるのか発売日が待ち遠しいです。  

スピッツのプロフィール

スピッツのプロフィール

草野 マサムネ 本名:草野 正宗(くさの まさむね)1967年12月21日

ロックバンド「スピッツ」のギタリスト、ボーカリスト。
ほとんどの曲を作詞・作曲し、福岡県福岡市早良区出身。
血液型はO型で身長は167.5cm。
スピッツのメンバーのなかでは、唯一の独身です。
福岡県立城南高等学校・武蔵の美術大学基礎デザイン学科卒業。


三輪 テツヤ  本名:三輪 徹也(みわ てつや)1967年5月17日

ロックバンド「スピッツ」のギタリスト。静岡県藤枝市出身。
血液型はB型で身長は168cm。 メンバーの中では、最も背が高い。
アルペジオを得意とする。藤枝明誠高等学校・分化服装学院卒業。


田村 明浩(たむら あきひろ)1967年5月31日

「スピッツ」のベーシストであり、バンドのリーダーである。愛称は「タムタム」。
メンバーの三輪テツヤと同じく静岡県藤枝市出身。小学校のころに三輪が転校してきた。血液型はA型で身長は167cm。静岡県立藤枝東高等学校卒業。


崎山 龍男(さきやま たつお)1967年10月25日

「スピッツ」のドラマー。愛称は「崎ちゃん」。
栃木県佐野市出身。血液型はB型で身長は166cm。
栃木県立佐野高等学校卒業。